~あいみょんを中心に邦ロック・音楽の今をお届け~ 

【マリーゴールド5周年】2018年の夏に咲かせたあいみょんの名曲/愛される理由

「この前好きな人の前で歌ったら
褒められたんだっ///」

高3の冬、部活の監督の先生がこう言いながら歌い始めたのがあいみょんの『マリーゴールド』だった。街のどこを歩いても流れていたこの楽曲は今やあいみょんの代名詞となっている。

これまで数多くの記録を生み出し、オリコン週間ストリーミングランキング史上初の200週連続TOP100入り、ストリーミング累計は5億回再生突破。そんな『マリーゴールド』が今日、2023年8月8日で5周年を迎えた

この曲ができたときは
マネージャーさんにもすぐ連絡しました。
件名に『いい曲できました』って
書いてましたからね(笑)。

マリーゴールドの作成秘話

実はこの曲、リリースされる1年前から既にできあがっていた。気持ち的にはすぐにリリースしたかったけど“君はロックを聴かない”を出したタイミングと近かったのもあってリリースを1年遅らせたという。

「書いてる時は無我夢中やったんですけど、いざ完成したものを自分で歌ってみると、けっこう切なさが前に出てるなあって。この曲できた時は、マネージャーさんにもすぐ連絡しました
『すごいいい曲できた』って。

そのくらい自信あたんやろなあ。これは絶対シングルで出すって自分で決めてましたし。」

歌詞については、偶然最初のサビの歌詞がひらめいて、そこから物語を作っていったといわれている。マリーゴールドを見たわけでもないのに、麦わら帽子をかぶってる女の子の後ろ姿がマリーゴールドの花に似ていると思うなんてあいみょんらしい想像力というか表現力が感じられますよね。

マリーゴールドが愛される理由

心地よいメロディ

マリーゴールドがどの年代にも愛される理由は、どこか懐かしく感じるメロディーにある。2010年代流行の速いテンポではなく、ミディアムテンポでゆったりしているメロディラインは聴いていて心地が良い。そして歌詞にもあるように”懐かしいあの日の思い出”を思い出すような感覚が人々に支持されている。

王道ラブソングを狙った歌詞

王道のラブソングを狙いに行ったあいみょん。
あいみょんが作った物語としては、「あの頃の恋を思い出してるふたりがいて、これからもずっとずっと一緒にいれたらいいね」って言ってる話だという。しかし実際にリリースしてみると「恋に落ちている人がその気分に浸れる曲」「死別で離れてしまった話し」「夢の話」「家族愛」など聞く人によって捉え方が全く違ったみたみたい。王道のラブソングって逆になんなんだろうか。

それでもこの楽曲は、人によって捉え方が違う方が正解だったんじゃないかと私は思う。タイトルにある『マリーゴールド』の花言葉は色によって全然違う。この曲も聴く人によっていろんな捉え方があるっていうのと重なるのではないか。いろんな花言葉があるように、“マリーゴールド”もいろんな捉え方がある曲であってほしい。

ライブでは特別な存在へ

マリーゴールドはあいみょんにとってもあいみょんのファンAIMにとっても特別な曲だという。いつからだろうか、ライブでサビが来ると、オーディエンスがあいみょんに向かって一斉に手を横に振るようになったのは。会場の一体感を感じられるこの瞬間がほんとにたまらない。

そして昨年、4万5000人を魅了した甲子園球場での弾き語りライブ”サーチライト”では、ラスサビでオーディエンスの手の向きが揃うという奇跡の映像が先日発売されたDVDに残されていた。オーディエンスの手の動きがそろうなんてほとんど有り得ないこと。奇跡のような光景がこの特別な日に見られたのは偶然なのだろうか。すごい考え深ものがある。

過去のライブ映像はU-NEXTで!

U-NEXTでは過去のライブ映像を30日間無料で視聴可能!
サーチライトの奇跡映像もあり!!
U-NEXTはこちらから
無料トライアル実施中!<U-NEXT>

マリーゴールドの記録

  • 国内アーティスト初ストリーミング1億回再生突破
  • オリコン史上初200週連続ストリーミングTOP100入り
  • AppleMusic2019トップソング100日本1位
  • 2019年間USEN HITランキング1位
  • NexTone Award 2021 GoldMedal
  • SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2019 BEST VIDEO DIRECTOR
  • 第69回紅白歌合戦出場曲
  • MV3億回再生突破
  • ストリーミング5億再生突破
  • デジタル配信100万DL突破

まとめ

今回はマリーゴールド5周年に合わせて作成秘話や愛され続ける理由についてまとめてみた。アップテンポが聴かれる現代。あいみょんにはこれからもどこか懐かしさを残す『マリーゴールド』のような曲を作って欲しいしと思うし、あいみょんはこんな曲でこれからも勝負していくだろう。いろんな色の花が咲かせ続きますように。

そして冒頭に書いた先生の恋は実ったのだろうか…。きっと先生は好きな人の事を思いながらこの曲を歌っていたんだと思う。”二人の思いが同じでありますように”と。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

あいみょんオタク
22歳 ブロガー